歯垢の確認

HOME > 口臭の予防と改善法 > 歯垢の確認

口臭の予防と改善法

歯垢の確認

歯と歯の間や歯と歯ぐきとの境目に白い粘ついたものがついていませんか?

白く粘ついたものがついている場合は、磨き残し歯垢が歯についているという事です。

 

歯垢は細菌の塊であり、時間の経過と共に細菌の数も増えていき、やがては唾液中の成分のカルシウムと結合して歯石となります。

食後のブラッシングできちんと取り除かなければ、歯周病と口臭の原因となります。

口臭を気にされる方のほとんどは、この>歯垢がしっかりと取り除けていません。

歯と歯の隙間には歯間ブラシを使って汚れを落としましょう。

 

また、歯と歯の間が狭く、歯間ブラシが入りにくい箇所にはデンタルフロスを使用しましょう。

デンタルフロスは細くて丈夫なナイロンの糸を撚り合わせたもので、使用の際には、歯ぐきをいためないようにゆっくりと動かすことが大切です。

歯の隙間が広い人にはフィットしないことも多いので、その場合はサイズの合った歯間ブラシを使ってください

 

口臭改善の基礎知識カテゴリ一覧