内臓疾患

HOME > 口臭の原因 > 内臓疾患

口臭の原因

内臓疾患

糖尿病、肝炎、胃炎や十二指腸潰瘍など内臓疾患が原因となって口臭が発生することがあります。

たとえば糖尿病だと甘酸っぱいような口臭がしますし、糖尿病が原因となり唾液の分泌が少なくなることで、口内の最近が繁殖しやすくなり、 さらに口臭がきつくなるということもあります。

 

肝臓は臭気物質を分解する働きがあるため、肝炎や脂肪肝などの肝臓に問題のある人もいわゆるねずみ臭といった口臭がすることがあります。

胃潰瘍や胃炎で胃の働きに問題があれば、食物の消化に支障をきたし硫黄のようなにおいが発生することもあります。

 

このように口臭が重大な内臓疾患のサインとなっていることもあるので、注意が必要です。

 

口臭改善の基礎知識カテゴリ一覧