歯周病

HOME > 口臭の原因 > 歯周病

口臭の原因

歯周病

歯周病は歯と歯茎の境目や歯と歯の間にたまった汚れ(歯垢・プラーク)がきっかけで起こる歯周組織の病気です。

 

歯周病がやっかいなのは初期〜中期の段階では自覚症状もなく、なかなか自分では気がつかないのです。

しかも、体の健康については健康診断や人間ドッグ等で定期的に確認する機会があるのですが、歯と歯ぐきの健康については、定期的に歯科医院で診察してもらうという事を習慣にしている人も少ないのです。

そうした事情もあり、40歳以降の方の実に9割は程度の違いこそあれ歯周病にかかっているというデータもあるのです。


軽度の歯周病は、歯肉炎とも呼ばれるものですが、まだ歯を支える骨の破壊が起きていない状態です。

このような状態を放置していれば、やがて腐敗して悪臭を放つようになります。

歯肉炎は、歯と歯ぐきの境目に歯垢が溜まり、細菌が出す毒素で歯肉が慢性の炎症を起こし赤く腫れるのです。

歯磨きをしていると血が出てきたり、鏡で歯ぐきをよく見てみると赤黒く、腫れた状態がわかります。

これを放置していると、歯垢は唾液の中に含まれている成分のカルシウムと結合し、石のように硬くなり歯石となります。

 

中程度に進行した歯周病は歯槽膿漏と呼ばれるものです。

歯槽膿漏となるとかなりの悪臭がする状態になり、この段階ですと歯を支える骨が溶け始めてきます。

また、歯周ポケットには多量の歯垢と歯石が付着しており、歯肉炎の状態とくらべると歯肉の腫れと出血もひどく、膿が出ることもあります。

歯石は歯と歯肉の間の歯周ポケットに溜まり歯肉を刺激し続け、歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かすのです。

歯垢は歯ブラシで落とせますが、歯石は歯ブラシでは落とせません。

歯石を落とすには特殊な器具が必要ですので、歯科医院で除去してもらう必要があります。

 

重度の歯周病は歯槽膿漏がさらに進行した状態で、歯を支える骨がほとんど溶けてなくなっており、歯は支えを失った状態ですから、痛くて食物をかむこともままならなくなります。

ここまで進行してしまうと、抜歯することになってしまいます。

 

口臭改善の基礎知識カテゴリ一覧