タバコと口臭

口臭予防のための生活習慣

タバコ

タバコは百害あって一利なしなんていわれるわけですが、愛煙家にとってはわかっちゃいるけどやめられないってヤツですネ。

でも口臭改善を考えるならやはりやめるべきでしょう。

タバコのニオイともともとの口臭が混ざった臭いも非常に嫌なニオイといえますが、タバコの有害成分が歯周病を誘発し口臭の発生原因となるのです。

タバコに含まれるニコチンやタール、一酸化炭素といった成分が、歯周組織に悪影響を与えるのです。

 

タバコを吸う人は吸わない人と比べて、歯周病になる確率が3倍増えるとも言われています

歯ぐきに酸素や栄養分を行き渡らせる役割のある歯周周りの血管を収縮させること、歯周病菌と戦う白血球の働きを弱らせてしまうからです。

 

タバコは歯周病を誘発するだけでなく、口腔内の様々な病的原因となります。

タバコを吸い続ければヤニで歯が汚れますし、舌の表面の組織にもヤニは付着し、舌苔も多く付着してきますので、これも口臭の原因となります。

舌苔が多く付着すれば味覚障害をおこすこともあります。

 

タバコをやめた人が「食事がおいしくなった」と言うのを聞いたことはありませんか?

あれは本来の舌の味を感じる部分の機能が元に戻ったからなんです。

口臭を本気で治したいならばタバコはやめるべきでしょうね。

 

口臭改善の基礎知識カテゴリ一覧