舌苔 口臭

HOME > 口臭の原因 > 舌苔

口臭の原因

舌苔

舌苔とはお口の中で、剥がれ落ちた粘膜の細胞や食べかすなどの汚れが舌の上に白く溜まったもので、量の多少の違いはありますが、誰にでも発生する可能性のある、生理的なものといえます。

舌の表面は舌乳頭と言う無数の細かい突起で覆われていて、この舌乳頭の間に汚れや細菌、細胞などが入り込んで舌苔が作られるのです。

ですから、口中に細菌が大量に発生しないように正しい歯磨きをして清潔にしていれば改善されます。

しかし、多量の舌苔が付着している場合は、歯周病や虫歯、代謝異常から発生する病的なものと考えられ、これも口臭の原因となります。

舌苔は量の多少はあるにせよ、誰にでもあるのですが、歯周病があると、舌苔の量が多く、細菌も多く発生する事で、悪臭のガスが出るのです。

歯周病がある人だと歯肉から白血球が漏れ、お口の中で剥がれる細胞も増えるので、舌苔の量も多く溜まります。

舌苔が気にあるという方には舌専用のブラシを使ってかるくお手入れすることで除去することは可能ですが、基本は正しいブラッシングで口中の細菌を繁殖させないことになります。

舌苔に関する口臭対策の具体的な方法は「舌苔の確認 」のページをご覧ください。

 

口臭対策の基礎知識カテゴリ一覧